トップ > 株式会社SGSのスタッフブログ記事一覧 > リニアの開業は2027年に間に合うのか

リニアの開業は2027年に間に合うのか

≪ 前へ|都心にはもう新築マンションが建つのは難しい?   記事一覧   AIの予測する不動産価値|次へ ≫

リニアの開業は2027年に間に合うのか

リニア開業

リニアの開業は2027年に間に合うのか

~開業遅れに伴う地価への影響は?~


 2027年開業に向け工事の進むリニア中央新幹線。品川から名古屋まで約40分で行けるということは、名古屋から東京が通勤圏内になるということもあり得ます。45年には大阪まで開通し、前倒しで2037年には開通させるという話も聞きます。


  しかし、一方では2027年の開業は間に合わないのではないかという疑念も出る現状。間に合わないとなった時に、リニア駅周辺の地価や不動産価格にどのような影響が出るのでしょうか?


  今回は、革新的なリニアの現状について少しお話します。


        地価の高騰状況は?

 地価がもともと高価格の品川・名古屋はともに上昇傾向ですが、特に名古屋はリニア駅に決まる前から上昇しており、それにリニア駅決定により拍車がかかり大きな価格上昇をみせています。


  中間駅となる、神奈川県相模原市、山梨県甲府市、長野県飯田市、岐阜県中津川市では駅周辺の開発、企業の誘致が進んでいるため地価は上昇しています。 


 橋本は交通の要衝となる?不動産は買うべきか?


 特に神奈川県相模原市の橋本駅は大きな変貌を遂げるのではないかと予想されることが多いようです。


  橋本駅は【JR横浜線】【京王相模原線】、橋本駅から湘南の茅ヶ崎までつなぐローカル線の【JR相模線】が連絡しています。


 JR横浜線】は、八王子と横浜は結んでおり、横浜駅まで約40分で連絡します。


【京王相模原線】は、橋本駅が始発駅なっており、新宿駅と直結していて約40分で連絡します。


  リニアが通ることにより橋本駅から品川まで約5分、名古屋まで約35分で連絡できるため交通の要衝といえるようになるのではないでしょうか。


 

 また、少子高齢化による人口減少の中、橋本地区は上昇傾向にあり世帯数も増えています。品川駅まで約5分で行くことが出来るため、都心への利便性により住宅への需要は高くなるのではないかと考えることが出来ます。



リニア開業


開業が遅れると?

 開業が遅れると開業に合わせて企画されているプロジェクトは大きな損失を生みます。リニア開業による施設利用者や観光客の増加を期待しての企画は、開業が遅れれば遅れるだけ収益が見込めません。地価の高騰も勢いが衰える可能性もあるでしょう。


 今後の上昇は?

 今、不動産業界は2020年問題、所有者不明土地売却、生産緑地問題と様々な問題を抱えています。


  リニア駅周辺の地価上昇や住宅需要による不動産価値の上昇は確実に見込めるでしょう。しかし、不動産問題が顕著にあらわれだす2020年以降は価格上昇の勢いは低下すると考えられます。


  更に言えば、工事に取り掛かれない場所もある現状、開業が遅れるとあればより緩やかになるでしょう。上昇するのには変わりはないと思われますが、より先を見越した投資戦略を立てると、万が一のリスクに余裕をもって対応できるでしょう。





≪ 前へ|都心にはもう新築マンションが建つのは難しい?   記事一覧   AIの予測する不動産価値|次へ ≫
  • 会員バナー
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 内部ブログ
  • お問い合わせ
  • オーナー様へ
  • アクセスマップ
  • モバイルバナー
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社SGS
    • 〒160-0022
    • 東京都新宿区新宿4丁目4-7
      セブンビル 303
    • TEL/03-6709-8097
    • FAX/03-6384-1496
    • 東京都知事 (3) 第90174号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る